選ばれる印章

印鑑イメージ

印鑑とはんこの違いをみなさんが理解しているでしょうか。
印鑑とは朱肉をつけ書類などに押したあとの文字や模様のことをいいます。
そしてはんことはその朱肉をつける棒状のもの自体を言います。
ですので印鑑とはんこというのは基本的には違うものなのです。

ですが知らずに印鑑とはんこは呼び方が違うだけで同じものと思っていたかたも少なくはないと思います。
荷物を配達してきてくれたお兄さんがはんこくださいというのと印鑑お願いしますというのは同じことを求めているのですが認印のように重要性の低いはんこの場合では良いですが企業などで利用されるはんこにおいては重要な契約にも利用されるため印鑑とはんこの違いを理解しておくことが必要となります。

同じ意味ではありますが違う言葉の一つとして印章と言われるものもあります。
印章もはんこと同じ意味を表し判や印など用途や地域によっていろいろな呼び方があるのです。
印章が作られている素材を印材と呼び木材や水晶などのほかに金属や動物の角などで作られています。
そして最近では使用するかたの趣味や利用する種類によって選べるようたくさんの種類の印章が販売されています。
この印章の習慣や文化は日本のほかにはごく一部の中国や台湾の東南アジアでのみある文化であり多くの国は直筆のサインが印章の代わりとされています。

近年では電子印鑑と言われるものもありパソコンを利用することが多くなった時代に活躍をしています。
同じ意味ではあるが呼び方が違う言葉が日本はたくさんありますね。

~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

何の登録もしていない印鑑の事を認め印と言います。
宅急便の受け取りや社内や地域の回覧板のチェック欄に押す時など、生活の中で使用頻度の高い印鑑です。
重要度が低い分で思い切って自由なデザインにすることも出来ます。

自分だけの印鑑を作ってみる。

ページの先頭へ